特殊清掃費用をカバーする事故現場再生保険

マンション、アパートの大家や管理人をしている人は、誰もが「出来ることなら入居者は家族を・・・」と望んでいるようですが、少子高齢化社会では単身者や高齢者の入居者が多いのが現実のようです。

一人暮らしをする人が多くなり、危惧されるのが、万が一、賃貸物件で孤立死、孤独死があった場合にかかるであろう遺品整理、特殊清掃費用の負担、及び空室期間中の喪失家賃です。

このような不安を解決し、このような事件・事故が発生してしまっても損失を最小限に抑える為に、賃貸住宅管理費保険(参考URL:http://www.fudousan.or.jp/kiso/rent/8_2.html)に加入しておくといいかと思われえます。

事件や事故があった物件では、次の入居者が決まりにくく、空室期間が長引いたり、時には値引き期間を設けることも必要となることから、家賃損失は免れません。

また、汚染箇所は特殊清掃だけでは賃貸物件として十分ではありませんから、原状回復のリフォームも必然となります。

家賃の補填と原状回復の両方がカバーされる賃貸住宅管理費保険は、賃貸物件管理者には必須の保険と言ってもいいでしょう。

Comments are disabled